ななめよみ通信

| 記事一覧
HOME  »  スポンサー広告  »  【国際】中国空母が海洋制空権を押さえる日 日本に残された時間は僅か10年 ←今ココHOME  »  中国  »  【国際】中国空母が海洋制空権を押さえる日 日本に残された時間は僅か10年 ←今ココ

スポンサーサイト

--.--.--.--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国際】中国空母が海洋制空権を押さえる日 日本に残された時間は僅か10年

Mon.2012.10.08   Comment. 0 Trackback. 0
26.jpg
1: そーきそばΦ ★ 2012/10/08(月) 10:48:20.14 ID:???0

中国空母が海洋制空権を押さえる日

中国海軍の航空母艦・遼寧が就役した。東・南シナの覇権確立を目指す戦略が透けて見える。本格的(正式)空母が実運用されて以来、制海権確保には海洋制空権確保が不可欠になったためだ。日本のエネルギー資源の9割が東・南シナ海を通過するから、この海域の覇権は日本の政治・経済の命運を確実に握る。今以上に、日本政府は中国に卑屈になるということだ。

 発展途上の中国空母は数々の課題・問題を抱えており楽観する専門家もいるが、それは違う。10年後に空母機動艦隊が創設されれば、低戦力であろうが、海空軍力に乏しい東南アジア諸国への政治・軍事的効果は飛躍的に増大。ヒト・モノ・カネの減少に歯止めのかからぬ自衛隊との戦力バランスが大きく崩れる「元年」ともなろう。中国空母機動艦隊を迎え撃つ戦略・戦術・作戦の構築は急務となった。持ち時間は僅か10年。

 遼寧はウクライナから購入したワリヤーグを、6年もかけて改修し、昨年8月以来、10回の試験航海を繰り返してきた。最大の問題は、艦上機発艦が「スキージャンプ」方式による点。発艦するには「蒸気カタパルト=射出機」方式もあるが、蒸気カタパルトを生産できる国は米国をおいてない。そのはずで、Y字型のパチンコで石を飛ばすイメージといえば容易いが、九十数メートルの滑走で、30~35トンもの艦上機を2~3秒間で時速300キロまで加速させられる技術が伴うからだ。

ソース 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121007/chn12100712010003-n1.htm
画像 大連港に停泊する中国初の空母「遼寧」。艦首が反った「スキージャンプ」方式で艦上機は発艦するが、この方式だと大きな制約を受ける=9月22日(共同)
http://sankei.jp.msn.com/images/news/121007/chn12100712010003-p1.jpg
過去スレ ★1 2012/10/07(日) 23:58:31.19
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349630643/
(続)
2: そーきそばΦ ★ 2012/10/08(月) 10:48:27.73 ID:???0
これに比べ、スキージャンプ方式は艦首を6.5度~14度の勾配を付けて反らせ、高推力の艦上機で一気に離陸させる。ソ連の方式で、遼寧はこれを踏襲するが、おのずと限界が生じる。ソ連戦闘機の場合、武器(ミサイル・弾薬)と燃料の搭載量を著しく落とさなければ、重くて発艦できなかった。

 そればかりか、蒸気カタパルトが、基数によっては70~90機の艦上機を「数~数十秒」間隔で発・着艦できるのに対し、 艦首に一個所あるだけのジャンプ台からだと、30~70機と少ない艦上機数の割に相当な時間がかかる。艦上戦闘機は大空に舞い上がって初めて戦力と成り得る制約や、戦闘機・ミサイルの超音速を考えると、発艦時間の大きな差は致命的でさえある。

実のところ、ソ連軍は冷戦中、米ソ空母の大きな性能格差も引き金となり、対米戦略を見直したのだった。

 そもそも、艦上戦闘機の性能はどうなのか。中国が“開発”したのは殲撃(J)15で、ロシアの艦上戦闘機Su(スホイ)-33のコピー。といっても、ロシアの技術供与ではない。ソ連邦崩壊の余波で、ウクライナで10年近く放置され、飛行不能に陥っていたSu-33の試作機T10K-3を2001年頃入手し、見よう見まねで“開発”した。これに激怒したロシアは中国への支援・取引を棚上げしている。

そのソ連軍でさえ、Su-33の後継改良機Su-33UBを空母から発艦(05年)させたが、着艦時にオーバーランして海中へ転落している。中国は殲撃-15の陸上基地からの離陸には成功したものの、いまだ空母からは発艦していない。発艦できても、武器・燃料の搭載量がソ連機並みでは、日米の戦闘機には太刀打ちできない。

 斯くも艦上機の運用は難しい。だが、中国にとり利点もある。艦上機の運用過程で失われる人命を、意に介さない冷酷な体制だ。米海軍では、艦上戦闘機をプロペラからジェット化した1949年から、米空軍機以下の事故率に下がる40年後までに1万2000機と8500人の搭乗員を失った。多大な犠牲の上に、発・着艦時における艦上機の速度・角度や空母の向き・速度を算出していったのだ。
(続)


4: そーきそばΦ ★ 2012/10/08(月) 10:48:38.40 ID:???0
続く課題は、空母の「立体的運用・防御」である。航空要員を含め5000~6000人もの人員を抱える米原子力空母はコンビニエンスストアやクリーニング店、映画館や放送局まで備える「動く基地」。撃沈は論外で、1隻でも深刻な被害を受ければ世界戦略に影響が出る。このため対空・潜水艦用水上艦艇が5~8隻、攻撃用原潜2隻、補給艦1~2隻で護衛艦隊を編成する。東・南シナ海をカバーし、任務や訓練、修理、乗組員の休養を考えれば、中国も最低空母5隻と3個の機動艦隊が必要となる。

その上、地球は丸い。敵航空機・ミサイルの飛翔動向を、できるだけ早期に遠方で掌握することは水上艦艇のレーダーだけでは困難。低高度で進入する飛翔物体の監視でも心許ない。E2Cなど早期警戒機を艦載し、交代で上空警戒を続けることが必須だが、この点における中国軍のレベルが判然としない。軍事衛星とのリンクも、どの段階にあるか情報が不足している。打撃群内各艦による空母防御任務の分担などは、以上のように指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察を一体・共有化する「C4ISR」システム構築が前提と成る。

 従って、米原子力空母1隻の建造費(艦上機は別)は4500億円、年間維持費は400億円。艦上機を含め空母打撃群全体の維持費に至っては年間1兆円だという。一定水準の運用が成るには20年は掛かるに違いない。しかし、中国はたとえ経済が悪化しても、米空母打撃群のレベルに遠く及ばなくても、人民を飢えさせても、偏執的な愛国主義とスパイ網に支えられ、膨大な予算と技術的困難をある程度克服するかもしれない。

 我が国は「その時」に備え、中国空母機動艦隊の監視・分析を続け、弱点を見極め、10年計画で対抗兵器・部隊を育てていく運命を背負ったのだ。例えば、戦闘機や艦艇から発射し、超低高度で迫る対艦ミサイルなどの導入・量産が求められる。空中給油機に加え、発射元となる航空機・艦艇の配備・量産が不可欠なのは言うまでもない。

 主権侵犯を何度も繰り返され、政府はその度に「冷静な対応」を呼びかけるが、真に「冷静な対応」とは、斯くなる覚悟と戦備をいう。(政治部専門委員 野口裕之)(終)

5: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:49:23.67 ID:DcFYlrMPP
あの空母から発進するには武器や燃料をかなり制限しなきゃダメなんだろ?
軍ヲタの人、素人にも解る様に詳しく解説してよ

19: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:58:28.28 ID:CDbp1tjx0
>>5
カタパルトがあれば機体を一発ドン!で打ち出せるけど、ソ連・中国の空母にはそれがない。
ない以上は滑走させて発進させるしかないが、飛行甲板では距離が足りない。
距離が足りない分を、スキージャンプ台みたいに角度をつけて短い距離でも飛び上がれるようにした。
だが、それだと重量があると飛び上がれない(最悪、スキージャンプ台の切れたところで海に転落)。
なので、燃料も爆弾搭載量も減らして機体を軽くした状態で発進させるしか方法がない。

ついでに言うと、いちいち滑走させるわけだから一機あたりの発進時間が長くなるから、攻撃隊を出す場合先に発進させた機は編隊組むために上空で待たないといけない。
その分、無駄な燃料消費も多くなるから、必然的に攻撃できる範囲も狭くなる。
カタパルトがあれば、どんどこ立て続けに打ち出せるからそういうロスもないんだけどね。

35: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:05:35.12 ID:DcFYlrMPP
>>19
ありがとう少佐

7: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:49:40.01 ID:sdTRTGQ60
潜水艦でボコれ

8: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:50:08.01 ID:j0KLM/LCO
一隻の空母で制空権を制圧?
無理ぽん(笑)

13: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:54:08.82 ID:6Z8rYoQNP
無理だろうね、10年じゃ。
まず空母を動かすガスタービンエンジンが作れない。
GEからライセンスしてもらわない限り。

23: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:59:49.39 ID:CDbp1tjx0
>>13
現状では、外洋に出したら潜水艦の的にしかならんからな。

14: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:54:24.05 ID:wH40xsex0
ワイヤー貼られる前に撃沈しておいた方がいいかもね

51: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:08:35.74 ID:9BkcVkC90
>>14
いや、もうスェーデンから買ってワイヤー張ってるから

16: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:57:07.22 ID:UTmP6XZq0
国産空母・蒼井そら
が中国を制圧するのか
胸篤だな

18: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:57:42.14 ID:FBmfXtd20
でも、すでに中国側の情報はダダ漏れだと思うんだけどね。

21: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:59:21.41 ID:I71Q3l410
>>18
日本の情報もただ漏れだけどな

20: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:59:06.09 ID:x42xvGTN0
中国空母が海洋制空権を押さえる日 日本に残された時間は僅か10年
中共が10年保つだろうか?

39: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:06:07.06 ID:+ivDD8Rb0
>>20
シナが勝手に自己崩壊してくれると思うのは甘い
その前に外征で博打する可能性はある

24: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 10:59:51.43 ID:O9EDgYEe0
艦内火災で自沈

47: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:08:00.49 ID:Q8Z9eaNz0
>>24
それは半島の艦隊だろ。

シナは艦載機が着陸に失敗して炎上大破の路線だと思うぞ

55: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:10:57.49 ID:E8XJSCP50
>>47
自艦に特攻ですかw
燃料は空にしとけよwwwwwwwwwwwwwww

26: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:00:24.80 ID:ky5BxDuN0
ところで2隻目の空母建造中なんだろ
これはどのくらいの性能なんだろうね


43: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:07:24.97 ID:yanenR810
>>26
通常動力らしいから蒸気カタパルトの実装は無理
正味ヘリ空母じゃないの?

29: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:01:15.80 ID:o/pN3Bgf0
日本は原潜5隻造れば世界最強

30: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:02:18.41 ID:pn82HDJB0
>>29
独立しちゃったらどうすんだよ

168: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:29:17.38 ID:D+qACBCWP
>>30
沈黙の艦隊?

37: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:05:49.79 ID:AHQfORxe0
空母を2つ縦につなげれば簡単に解決するんじゃないか?

44: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:07:29.44 ID:pn82HDJB0
>>37
やっぱり移動式のメガフロートになっちゃうか
でも合体は男の子の夢だよね

49: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:08:16.17 ID:CDbp1tjx0
>>37
そんな長い船、どこに入港させるんだ?
修理も整備もできんぞ。

60: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:11:41.53 ID:eOScVeX/0
>>49
発艦時に洋上で合体。

73: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:15:25.63 ID:CDbp1tjx0
>>60
波浪で動揺しているから、甲板同士を揺れなく結合するのは無理ですよ。
船体は左右方向だけでなく、上下方向にも浮動する。
仮に結合しても、飛行機を滑走させることはできないのです。

双胴、もしくは三胴くらいの船を作って前後に結合させでもすれば抑えられるかも知れんが、結合するまでに攻撃されて終了。

103: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:19:32.09 ID:5FzvRbjh0
>>60
敵の航空機に攻撃されそうになったらオープンゲットして回避だな

46: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:07:47.52 ID:qvvqQsh50
詳しくないがカタパルトってそんなに難しい技術なんだね。
どこの国でも造れるってものではないだろうけど、そこそこの規模の国ならできるのかと思ってた。

それより空母の運用ちゃんと中国にできるのか心配。
ナショナルジオ見ると凄く危険な訓練ばっかりなんだが。
お金も相当かかるが、十分な訓練できるのかな。

57: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:11:07.13 ID:CDbp1tjx0
>>46
一回打ち出すだけのものなら割と作れる。
何回も反復使用してもぶっ壊れないようにするのが大変。

64: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:13:13.63 ID:E8XJSCP50
>>57
リニア駆動で油圧ダンパー制動じゃだめか?

87: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:17:20.39 ID:CDbp1tjx0
>>64
リニアだと、まだ力が足りないです。
出来上がるとすれば、もう少し技術開発が進まないと。

48: 名無しさん@13周年 2012/10/08(月) 11:08:09.42 ID:fp3W7/cz0
脅し気味のタイトルとは裏腹に、中国の軍事力じゃ全然ダメって結論を導いていないか。この記事は。




元スレ http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349660900/l50

  
同じカテゴリの投稿
コメント
Trackback
コメントする
 管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
カテゴリ

openclose

リンク

Page Top

ホームにもどる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。