ななめよみ通信

| 記事一覧
HOME  »  スポンサー広告  »  【メタンハイドレート】“燃える氷”で覆る日本の資源小国イメージ ←今ココHOME  »  経済  »  【メタンハイドレート】“燃える氷”で覆る日本の資源小国イメージ ←今ココ

スポンサーサイト

--.--.--.--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【メタンハイドレート】“燃える氷”で覆る日本の資源小国イメージ

Thu.2013.03.28   Comment. 0 Trackback. 0
593.jpg
1: わいせつ部隊所属φ ★ 2013/03/27(水) 22:49:31.44 ID:???0

“燃える氷”で覆る日本の資源小国イメージ


2013.3.27 15:05 (1/2ページ)
シェールガス革命に沸く米国、メタンハイドレートの取り出し成功でエネルギー革命に期待が高まる日本と、このところ天然ガスに関わるニュースが続いている。特に日本は資源小国という弱小なイメージが覆る可能性があり楽しみな話題だ。(フジサンケイビジネスアイ)
メタンハイドレートが話題になる背景の一つが東京電力福島第1原発事故だ。2基を除いて国内の原発は停止中。原子力規制委員会は、7月に施行される原発の新しい安全基準の導入に向けて基本方針をまとめたばかりで、再稼働の見通しは立っていない。火力発電所の燃料として液化天然ガス(LNG)の需要は依然として高い。

日本のLNGの輸入価格は原油の価格を基本にして計算しており、世界のガス産出量が増えようと現状では価格に関係しない。自前でガスを調達できるメタンハイドレートに熱い視線が集まるのも当然だろう。

一方、米国でもLNGの輸出解禁で貿易収支の改善、純エネルギー輸出国への転換が視野に入っている。では、シェールガス対メタンハイドレートの戦いとなるかだが、シェールガスは日本とは違った背景がある。

シェールガスの存在は1970年代に指摘され、米国での採掘などの研究は40年以上を費やしており、決して一朝一夕というわけではない。石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、ガスインフラの強い土台が技術開発を支えた、と指摘する。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130327/biz13032715110030-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130327/biz13032715110030-n2.htm

2: わいせつ部隊所属φ ★ 2013/03/27(水) 22:49:40.91 ID:???0
もともと米国では大規模なガスパイプラインが備わっており、シェールガスの採掘現場でガスを取り出し使える状態に加工しさえすれば、パイプにつなぐだけで供給網に乗せることができる。このため、エネルギーの大手やベンチャーが研究費に集中投資できたことがシェールガス革命の背景だという。

ではメタンハイドレートの流通だが、JOGMECは「具体的に答えられる段階にない」と話す。

一般論として、海上天然ガス田から海底パイプラインを通す
▽生産井(せい)付近に発電設備を設置し、電気にして海底ケーブルで送電
▽海上か最寄りの陸地にLNG施設を設置-の可能性があるとしているが、メタンハイドレートはガス産出後のインフラ整備が課題になりそうだ。

その一方、天然ガス輸出ではロシアも虎視眈々(たんたん)の様子だ。プーチン大統領が北方領土での日本との交渉を進めようとする裏は、天然ガスを日本に長期的に売りたいのでは、という見方が強い。

メタンハイドレートが成功すれば、米国、ロシアのLNG輸出動向も伴って、世界の天然ガス市場を大きく揺さぶることになりそうだ。世界経済、国際政治に影響する可能性は高い。日本の技術がエネルギー産出、供給にどこまで挑めるのか、さまざまな可能性を秘めている。(産経新聞大阪経済部 平岡康彦)

8: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 22:54:02.19 ID:nbDmoqYc0
試験的に掘削に使っていた機械が故障したとか言ってなかった?

9: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 22:54:06.36 ID:Hea2/Cd70
新潟ドバイ計画
ターバンの準備はいいか?

10: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 22:56:25.30 ID:YcSI1dcj0
太陽に
エネルギー資源
無限にあるぞ

12: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 22:57:46.61 ID:Vhqhg83uO
メタンハイドレートとか文字数使いすぎだろ長えよ
誰か略称つけてくれよ

16: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 22:58:41.01 ID:+ZVREHI80
>>12
メタハイ

20: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 22:59:41.71 ID:gK+6BqHz0
>>12
燃氷(ねんぴょう)

43: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:10:27.78 ID:I44z0G/d0
>>12
ハイド
短いだろ?

103: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:30:48.51 ID:6V/1L0nb0
>>43
それだと短いってより小さいだな

70: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:17:46.79 ID:AlYwlGiF0
>>12
メタドレ

13: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 22:57:57.95 ID:IbiW+lnc0
中国はアップを始めました

15: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 22:58:25.54 ID:LWP8VOdf0
俺のケツから出るメタンは資源になりますか?

25: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:03:26.84 ID:rqL3sa5B0
シェールガスは採掘に水を大量に必要とする
そもそも限りある資源である地下水を大量に必要とする穀物の
生産のために、将来的に水需要が問題になる可能性が高いというのに
水を浪費する手法がどこまで継続できるかは疑問だ
(そのうち原発で海水→淡水プラントを動かさなきゃならん時代が
 来るかもしれない)

当分の間、採算はとれないだろうが、
水を必要としないガス資源は確保しておくにこしたことはない

26: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:05:09.48 ID:vSLy9F680
このまま安価な資源が枯渇していけば
これが役立つ日も来るんだろうね

27: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:05:42.73 ID:Z17rhCHJP
でも当分の間は外交カードにしか使われないんだろうな、メタンハイドレート。

30: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:06:56.25 ID:Jl4oL0Ie0
メタンハイドレート掘ってる時に
311並の地震が海底で起きたらどうなるの?
ものすごい大惨事になりそうな予感。

49: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:11:28.12 ID:dzTDg27G0
>>30
メタンハイドレートの欠点は安定し過ぎてる事じゃなかったけな

31: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:07:10.95 ID:NV6lamCC0
軍事的にヤバくなれば、
遠路はるばる輸入しなければいけない資源とのコストの逆転が起きる可能性はある

いろんな方面で、保険屋の料率は上がる一方

33: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:07:43.13 ID:06onLOcg0
.
 メタンハイドレートの生産海上基地?
 圧縮して液化する技術が海上に置けるのかね?

34: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:07:58.67 ID:E6tyL6+h0
採算取れるのかっていう

35: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:08:17.36 ID:vL63rqSp0
シェールガスと違って未だ商業の見通しがたってないのに
気が早すぎ

36: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:08:24.38 ID:1QFchyz00
2020年までに商用化だったっけ
かかりすぎだな

40: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:09:15.02 ID:9QwuunEN0
資源国になっても国民には還元されなさそう。東電の旧役員とかみてると

41: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:09:25.21 ID:EpLdy/lT0
・・・多分日本人はやろうと思えばなんでもできると思う

62: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:14:39.74 ID:P4GNwNzU0
>>41
諸外国は諦めてた
この成功した減圧法は

ずっと研究し続けてて、着実に成果あげたって話だからなぁ

44: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:10:42.30 ID:BHDTY/xv0
アメリカのシェールガスと価格競争できるの?

45: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:10:47.24 ID:we9ioPbF0
採算だけを目的にしないで良い
政争や災害で輸出規制を食らっても
とりあえずエネルギー自前供給が出来る技術と資源があることが重要
政治交渉と商売交渉の十分な援護射撃になる
どんどんやれ!

47: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:10:58.56 ID:/e0Y6Fhd0
イメージねえ・・・そんなものよりは採算性の方が大事
結局ポシャってぬか喜びは勘弁して貰いたい

48: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:11:16.27 ID:232j4v3W0
何でも始めは否定的な意見があるもんだ

52: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:11:50.38 ID:0Y6OMw7W0
ロシアもアメリカもメタンハイドレートの邪魔
をしてきそうだな。
最近は技術革新が遅い。
これだと、日本がどっかに食われてから実用化
しそうだな。
日本の間にさっさとしねえと意味無いぞ。

56: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:14:03.42 ID:9g2x2O/U0
そろそろアメリカの妨害が本格的に始まるだろうな お前らだまされるなよ
国産エネルギーは価格が多少高くてもあるだけで外交カードになるんだからな

57: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:14:10.09 ID:lakNi5JW0
 
メガフロートは採掘、液化までをやる予定で簡単なことだ。

59: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:14:17.90 ID:YM6kdH690
あれ?この前三河湾の実験採掘中止になってなかった?
採算合わずとのことで
一体どうなってんのホントのところ

83: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:21:37.69 ID:P4GNwNzU0
>>59
泥で管が詰まって
実験終了

十分データは取れたしね

65: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:15:45.10 ID:TsNTEhFu0
まあ「いざとなれば採掘できますよ~」で値段交渉できるんだから無駄じゃねえだろ

それに深海採掘技術はレアメタル採掘にも必要だから研究しとくに越したことは無い

66: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:16:31.22 ID:YMMkycnw0
取らぬタヌキの・・・

69: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:17:35.41 ID:LHwBsLh+0
メタハイ自体20年前、1995年ぐらいには俺が受けたオムニバス講義で将来の資源として
嘱望されてるって臨時講師の役人が言ってたぜ。で、いまだにこの段階ってことは
正直掘削に金がかかりすぎて実用化の見通しが立たないと理解している

まぁ他の国から資源輸入する価格を決める際にブラフとして使えるし将来的に
原油高が更に進行するようなら採算がとれるかもしれんから、こういう記事自体は
あってもいいとは思うけどね。

78: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:20:34.65 ID:63A5vT0M0
噂じゃエネルギーメジャーが実用化させないように強烈に圧をかけてんだろ?
対抗する為に官民一体で出資して規模のデカイ開発機構とか作れよ
いや、もうあんのかも知れんが

79: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:20:43.00 ID:WaS7il8N0
色んな奴らからの雑音は多いだろうけど
地道に技術を積み上げていけばいいよ

88: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:23:32.66 ID:B+mJDd/d0
これも嘘っぱちじゃないこと祈るのみ信憑性薄いけども。

96: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:26:15.48 ID:IeFd5yA+P
普及したとしても50年後100年後の話だろうが,こういう可能性のあるものには
地道に取り組んでもらいたいと思う。
俺らが生きてるうちに日の目を見なくても,次世代にいいもんを残してほしいと思う。
日本の将来は超少子高齢化で新しく台頭してくる国々に産業的に苦戦を強いられると
思うが、こういうところで少しでもアドバンテージがあればとも思う。

100: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:27:09.51 ID:0Y6OMw7W0
本来なら半分どころか3分の1ぐらいの値段で
取引できるのに、なんで16円もかけてLNGに
してるのかが全く解らない。
そこなんだよね。
変につけ込まれる要素が高すぎる。
日本は世界からは絶対に商売べただと思われてる。

113: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:36:14.85 ID:H7Z3zrnV0
>>100
仮想敵国に資源依存するわけにはいかないからだろ
中東なら戦争する可能性低い
日本が経済大国だからできる贅沢なんだよ

107: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:32:54.93 ID:+zH93GqIT
日本海側の方が浅い海域にあるから採掘はやりやすいけど
環境汚染が起こると内海全体が汚染するから手をつけられないのよね
しばらく難易度が高くても太平洋側の採掘実験を続けるしかないかもね
まあ太平洋で技術を組み立てられりゃ即日本海で応用できるから
そっちの方が長期的に見れば正しいかもね

111: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:35:25.88 ID:FnCxF8jV0
採算性の向上は日本が得意な分野だからなんとかなりそうな気がする

130: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:41:44.28 ID:P4GNwNzU0
>>111
いやぁ、正直厳しいのが現実だし

技量やテクニックでもどうにもならん自然相手の話だから

良い鉱脈?が有れば
話は別だけどね

117: 名無しさん@13周年 2013/03/27(水) 23:37:11.52 ID:EqO2vnNj0
30年後もメタンハイドレード夢物語が語られていそうだな。実用化には、ほど遠い印象がする。




元スレ http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1364392171/

  
同じカテゴリの投稿
コメント
Trackback
コメントする
 管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
カテゴリ

openclose

リンク

Page Top

ホームにもどる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。