ななめよみ通信

| 記事一覧
HOME  »  スポンサー広告  »  山中教授ら、iPS作製、非効率の主因解明=細胞の75%超逆戻り―防ぐ遺伝子判明 ←今ココHOME  »  研究  »  山中教授ら、iPS作製、非効率の主因解明=細胞の75%超逆戻り―防ぐ遺伝子判明 ←今ココ

スポンサーサイト

--.--.--.--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中教授ら、iPS作製、非効率の主因解明=細胞の75%超逆戻り―防ぐ遺伝子判明

Wed.2013.06.26   Comment. 0 Trackback. 0
802.jpg
1: そーきそばΦ ★ 2013/06/26(水) 02:53:51.16 ID:???0

iPS作製、非効率の主因解明


ヒトの細胞に遺伝子を入れて人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作る際、効率が極めて低いのはiPS細胞への変化が始まらないからではなく、途中で逆戻りする細胞が非常に多いことが主な原因と分かった。京都大の山中伸弥教授や高橋和利講師らが25日発表した。
論文は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。変化が始まった細胞のうち、逆戻りする割合は75%以上もあった。この逆戻りを防いで作製効率を上げる遺伝子が「LIN28」であることも判明。この遺伝子は2007年、山中教授らと同時にヒトiPS細胞を作ったと発表したジュームズ・トムソン米ウィスコンシン大教授らが作製に使った遺伝子だった。

トムソン教授は1998年、ヒト受精卵から胚性幹細胞(ES細胞)を初めて作ったことで知られる。LIN28はES細胞で特に働いているが、詳しい働きは解明されていない。iPS細胞を再生医療や輸血用の血液生産などに応用する上で、作製効率の向上が重要な課題になっている。

山中教授らは「iPS細胞への成熟過程を促進させる遺伝子や化合物の探索で、さらなる効率の改善が期待される」と説明している。iPS細胞は受精卵に近い増殖能力とさまざまな種類の細胞に変わる能力があり、皮膚などの細胞からiPS細胞に変わる過程は「初期化」と呼ばれる。山中教授らは初期化が始まった細胞では「TRA―1―60」と呼ばれる抗原物資が出現することを手掛かりに、初期化の過程を綿密に観察した。四つの遺伝子を入れた細胞のうち、初期化が始まった細胞は20%前後で、予想より多かった。

時事通信 6月25日(火)21時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130625-00000205-jij-sctch

4: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 02:56:30.08 ID:jbwzW/dJ0
まだ当分時間がかかんのこれ?
なんか欧米の方が早そうだな

5: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 02:56:30.32 ID:ilyrIbn00
森本さんは今どーしてるんだろう??
家賃とかどうなったのか気になる

6: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 02:57:41.94 ID:UqjK0EnYO
良かった。

10: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:02:01.34 ID:AHyTKPUB0
なんかよう分からんけどスゲェ!

11: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:02:02.76 ID:oRCJWTRST
つまりどういうことだってばよ!

26: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:12:00.82 ID:e+MDvb/gP
>>11
今北産業

iPS細胞の培養速度が上がるので、治療が安価になる。
iPS細胞の培養が容易になるので研究も進みやすくなる。
iPS細胞を使った治療費の値下げと研究の促進に貢献する発見。

41: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:19:41.53 ID:XP+gLQww0
>>26
そういう表面的な効果は、まあ新聞屋さんにでも書いてもらえばそれでいい。
真に重要なのは、この遺伝子の歴史を辿ることにより、
いつどこでその逆戻し機能が発生したか、なぜそれが発生したかがわかってくる。
細胞の変性によって起きる病気の根源が明らかになるわけだ。
そして、そのような病気と進化との関係もわかって来る。

13: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:02:34.48 ID:Mr5/YJL10
神なんていないけど神の領域に手を出してる感じがする

16: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:05:31.08 ID:DxgEBj4n0
これ山中教授が凄いんじゃなくて細胞が凄いだけなんだよね

68: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 04:08:41.74 ID:KHa2/ncP0
>>16
それはそうなんだけど、そのメカニズムを解く山中教授もスゲーな。

17: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:05:56.67 ID:XP+gLQww0
ノーベル賞を受けるほどの超天才でも、その大半は一発屋だが
このひととひのひとのチームは違うようだな
本当に、何百年に一度しか起きない跳躍的な学問の進化を、俺らはまさに目にしている

20: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:07:58.41 ID:RIFZFXovO
これって癌の可逆性と似た現象なのかね?
遺伝子の変化への対抗性って部分で同じ気がするんだが…

23: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:10:26.24 ID:XP+gLQww0
>>20
iPSの研究によって癌の本質が解明されると予想されているね

24: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:10:43.30 ID:dro4BJeR0
>>20
癌が可逆かどうかしらんが
圧縮比でなんかまちがい起きてる感じやん

21: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:08:11.98 ID:H6dOo+JH0
この人将来の1万円になるんじゃねw

22: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:10:12.26 ID:H1TnSx8x0
超逆戻りするんなら仕方ないな

25: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:11:39.92 ID:heMZYA4j0
未来は臓器も皮膚も血管もひっかえとっかえだな
最終的には脳も作成して記憶を移したりして・・・

創世記の頃の人間みたいに900歳とかまで生きるようになるか
それとも事故や突発的な死以外では人間は死なないようになるのかな

48: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:24:47.73 ID:caqW3bIH0
>>25
問題は、いつそうなるか。
もしかしたら、寿命をコントロールできない(死ぬ時期は自分で選べない)最後の世代かもしれないと
思うと、ちょっとつらいなw

91: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 05:13:54.77 ID:gtf4A7ln0
>>48
長寿世界一の年齢が昔より下がったくらいだから
そんな簡単にはいかないでしょうよ

29: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:14:22.36 ID:SihKELkW0
わしのハゲはいつ治るんじゃ!

30: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:14:26.32 ID:L/RVVGjHO
日本は三年後にはバイオ大国になってるかもね。資源がなかろうが国土が狭かろうが、知性と探究心に限界はない。

33: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:15:18.05 ID:L6ncg1U70
進化っていろんな可能性を模索して世代交代しながら環境に適応できた強い個体が残ってく感じだけど
こっからの人類は人工的に環境に適応したり進化する形になるんだろうね

過酷な話だけど本来病弱な個体とか障害のある個体とかって自然の中では消えてく運命なんだよな

34: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:16:44.85 ID:WzU1rY+XO
この人はマジで天才

46: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:23:36.93 ID:ZmsByO8p0
将来はルパンに出てきたミモーだっけ?みたいなんが出てくるんか?

54: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:30:59.56 ID:TYtT56u/0
>>1
アメリカの方が進んでたか
日本は追いつけるのかな?

56: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:34:58.59 ID:TrYLzaw9O
山中さん、応援しとります

63: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 03:50:23.78 ID:45T1YFP30
俺がこれから結果を出す予定だった成果が次々山中教授にとられていく・・・

72: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 04:19:20.29 ID:BjlWZyOW0
一刻も早くハゲ治療を…救われる命がものすごくあるぞ!

73: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 04:19:20.68 ID:n0W51ZUS0!
つまり、一度先祖返りを起こして進化の過程をたどってるということ?

80: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 04:47:58.40 ID:aL7x4TPR0
>>73
> iPS細胞への変化が始まらないからではなく、途中で逆戻りする細胞が非常に多い

「逆戻り」

再びもとの場所・状態に戻ること。

「大辞泉」より


変化は始まるのだが、変化の途中で変化が始まる前に戻るんじゃね
専門分野に属してしまう話は難しいが、きわめて生き物らしいというか人らしいというか
変化を受け入れられない人が変化しようとしてもついていけずに途中で引き返して戻ってきてしまう
人を見ていてよく見かける光景ですな

74: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 04:22:44.60 ID:0K2n337RO
逆にこの細胞を巧く使えればアンチエイジングも可能じゃないかな?

94: 大島栄城 ◆n3rBZgRz6w 2013/06/26(水) 05:16:23.73 ID:ou3sIwua0
>>74
どれも錯覚で、相対性理論でもって高速移動すると周囲が止まって見えるのと同じかもな

75: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 04:29:07.56 ID:YM1VL1wIP
なんか勘違いしてる人が居るような?
IPS細胞から人体を構成する色んな組織部位に分化していくんだから
それが元のIPS細胞に戻っちゃったら組織が崩壊するし
それを防止するための当然ともいえる細胞の機能なわけで

遺伝子入れたらその働きを阻害するっていうが
その遺伝子残って働きまで残ってたら
使い物にならないIPS細胞になっちまわないのかな?

82: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 04:51:41.25 ID:VqRohcd20
「一般メディアの科学報道の量はノーベル賞次第」が正しいかと

84: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 05:01:33.56 ID:a0YvPlS60
>>82
それはどうかな? 山中先生がノーベル症をとっていなかったらこの報道もなされなかったと?
ノーベル賞は莫大な研究費の調達という面で多大な貢献をしているだろうね。国がこの分野に本腰を入れようとするだろうし。

88: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 05:11:28.27 ID:H8MXMFd20
人の細胞って、簡単には変化しないように出来ているんだな。

89: 名無しさん@13周年 2013/06/26(水) 05:12:33.68 ID:tA7TYKOi0
2度目のノーベル賞あるな




元スレ http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1372182831/

  
同じカテゴリの投稿
コメント
Trackback
コメントする
 管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
カテゴリ

openclose

リンク

Page Top

ホームにもどる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。